内覧申込

家賃保証会社との契約

保証会社の申込

デザイナーズマンションや高級賃貸に限らず、お部屋探しをしていると「保証会社」をよく耳にする機会があります。よく分からないけど必要と言われたので・・・と、よく知らないまま契約している方もいるのでは?

保証人がいるのに『家賃保証会社』が必要?

お部屋を借りるとき、家賃保証会社に保証を申し込めば保証人なしで賃貸契約できるケースと保証人も必要なケースがあります。物件によってどちらのケースで申し込むか異なります。保証料も異なるので、申込時には確認が必要です。

《家賃保証会社とは》

お部屋を借りるにあたり、自分一人で借りられる物件はほとんどありません。もし滞納が発生し借主さんと連絡が取れなくなったら・・・そんな大家さんのリスクを減らす為に、代わりに支払いを請求できる人(連帯保証人)が必要になる契約が多いのです。しかし様々な事情により保証人を頼める相手がいないという人もいます。そういう場合でもお部屋を借りられるよう、保証人代行をするサービスそれが『家賃保証会社』です。(緊急時用として身内のご連絡先は必要となります)万一保証会社が代位返済をした場合、保証会社から借主さんへ必要金額の請求があります。

《近年の利用目的》

もともとの目的は上に説明した通りですが近年では連帯保証人がいる場合であっても、家賃保証会社の契約が入居条件となっている物件も多くなってきました。滞納があった場合、連帯保証人に請求するよりも事務的に事が進むため大家さんも安心できる、また家賃保証会社が間に入って家賃引落しを任されているといった様々な事情があります。保証会社側も時代に合わせた色々なサービスを提案しているため、賃貸契約の方法にもこういった変化が見られるようになってきたのです。契約者が個人の場合だけでなく、法人であっても会社の規模により家賃保証会社の利用が必要となる場合があります。

《借主のメリット》

退去時に家賃滞納があった場合、大家さんは預かっている敷金からその金額を相殺することがあります。しかし家賃保証会社を利用した場合大家さん側のリスクが減るため、少ない敷金で入居募集をしている物件もあります。敷金礼金無しなどで募集している場合、家賃保証会社が必要になるケースが多いので確認が必要です。また保証人無しで借りる契約の場合は、家族や親戚にお願いするという気苦労が無く気軽に部屋を借りられるメリットもあります。

《注意点》

家賃保証サービスを行っている会社はいくつかあり、契約内容も様々です。契約時に初期費用が必要なタイプ、月々定額費が必要になるタイプなどがあり、毎年更新料が必要な場合もあります。保証会社に支払う費用は掛け捨てとなります。信販系の会社を利用する場合クレジットの利用履歴等により審査が通らないといった事例もあります。それぞれ違いがあるので申込時によく確認しましょう。

《主な保証会社》

リクルートフォレントインシュア
日本セーフティー
全保連
ジャックス
Casa
他・・・


□ 空室確認