内覧申込

ペットと暮らすデザイナーズマンション・高級賃貸

ペット飼育

賃貸マンションでペットと暮らす

一人暮らしの家に帰ってペットが出迎えてくれる。ファミリーの一員としての存在。ペットとの暮らしはとても癒され、家に帰るのが楽しみになりますよね。でも賃貸ではペットが飼えないマンションが多いのが現状。賃貸マンションでペットを飼う場合の注意点などまとめてみました。

ペットが飼える賃貸マンションを探す

ペットが飼えるかどうかは、マンションの賃貸借契約書で取決めされていることがほとんどです。他の入居者も同じルールのもと契約をしている以上、ペット禁止のマンションで特別に許可を得るという事はなかなか難しいです。部屋探しをする際には必ず不動産屋へ「ペットが飼いたい」と相談しましょう。“犬は良くても猫はダメ”“大型犬は不可”など飼えるペットの種類に制限がある場合も多いので現在飼っている場合は詳しい種類を、将来飼いたい場合は希望を伝えましょう。

飼育することをきちんと申請する

ペットが飼えるマンションなら勝手に飼育して良いわけではありません。ほとんどの場合、事前に申請が必要となります。「ペットを飼うと初期費用が増額になるから申請しなかった」「入居した時は飼っていながったが、途中から飼育をすることになったので面倒で申告していない」など大家さんの知らないところでペットを飼育してしまうとトラブルの原因となります。鳴き声や近隣からのクレームで発覚したり、退去の時の部屋の汚れ具合や臭いなど、飼い主が思っている以上に他人にはペットを飼っていることは分かってしまうものです。入居の途中からペットを飼う場合でも家主又は管理会社へきちんと申告し、必要な手続きがあるか事前に確認しましょう。

条件の変更や規約を確認する

ペットを飼っていた部屋と飼っていない部屋ではどうしても退去時の汚れや傷に差があるため、ペットを飼う条件として敷金や家賃の金額が増えるケースも見られます。飼育できる内容についても、1匹だけ、小型犬のみ、体重や全長の制限がある等、細かく指定があるマンションもあります。また、“共用部の移動は抱きかかえる又はリードをつける”など規則が設けられている場合も多いので契約時によく確認しましょう。

小型犬とは?

募集広告に「ペットOK」と表記されていても、マンションで飼えるペットは「小型犬」限定がほとんどです。猫が飼える物件は少ないので、必ず確認が必要です。

小型犬とは室内犬で、チワワ、トイプードル、マルチーズなど。犬種のほか、各物件ごとにサイズ(体重、体長、体高)が決められています。体重制限のみある物件でも、中型犬に分類される柴犬などは規定重量以下でも飼うことができません。成犬で10kg以下、体高30cm以下が小型犬の目安になります。

体長:胸からお尻の先端まで。※顔の先端から尻尾の先までではありません
体高:地面から背中まで(立ち姿勢)。※頭の高さまでではありません

犬の飼主様、登録はお済ですか?

screenshot.3生後91日以上の犬には、登録と毎年1回(4月~6月)の狂犬病予防注射が義務づけられています。鑑札と注射済票は、必ず犬の首輪などにつけてましょう。
名古屋市では平成21年10月から鑑札が変わりました(写真参)。新規登録は3,000円。新鑑札の再交付は1,600円。

<名古屋市にお住まいの方>

これから犬を飼育される方は名古屋市HPをご参照ください。

名古屋市発行の「愛犬ハンドブック」
愛犬ハンドブック

物件によっては賃貸契約時に「登録」の番号と年月日、「予防注射」年月日の記入が求められます。

ペット対応名古屋のデザイナーズマンション&高級賃貸

NoMA不動産でご紹介しているペット対応マンションはコチラ

ペット2例1)「グラン・アベニュー栄」エントランス脇にグルーミングルームがあります。 散歩後の足を洗ったり汚物の処理ができる他に シャンプー、ドライヤーなど自宅でのお手入れがしやすく便利

室内では

ペット出入口ペット用クロス

例2)「ロイヤルパークス千種 」リビングドアに可愛らしいペット用の扉がついてます 腰くらいの位置に上下の壁紙を分けるラインが入っていて 退去時の貼り替え面積を抑える工夫がされています。


□ 空室確認