内覧申込

名古屋のお部屋探し|内見から引越しまで

名古屋の賃貸探し
お部屋を見て、気に入った場合スムーズに手続きができるよう、準備しておくと良いことをまとめました。

気になる空室情報を見つけたら

部屋の空きがまだあるのか、希望日に内覧できるかを不動産屋へ問い合わせましょう。日中は仕事で電話ができないという人は時間を選ばないメールでの問合せをオススメします。空き状況の他、気になる事があればこの時に質問しましょう。

例えば

  • 何階の部屋なのか
  • いつ頃入居できるのか
  • ペットが飼えるのか
  • 敷地内に駐車場があるか
  • 入居に必要な費用 など

事前に希望条件を細かく伝えておけば他にも希望に近い物件を提案してくれるかもしれません。

内覧の準備

内覧当日に用意しておくと良いもの

  • 身分証(運転免許証など公的なもの)
  • 在職証明(社会保険証など、すぐ用意できれば)
  • 印鑑
  • メジャー

ほとんどの物件で申込時に身分証が必要となるので用意しておけば手続きがスムーズです。その他必要になる証明書(在職証明、収入証明など)は物件により違うので、引越しまで日数が無い場合は何が必要か事前に確認し用意しておけば手続きの期間を短縮できます。印鑑については内覧当日に賃貸借契約書に印鑑を押すことはまずありませんが、申込の為に捺印が必要な場合もありますので念のため用意しておくとよいです。メジャーは不動産屋で用意があると思いますが、念のため持っていくと安心です。また、現在持っている家具家電のサイズを事前に測っておくと新居に設置できるかその場で確認でき便利です。
持ち物ではないですが何度も靴を脱ぎ履きする可能性があるので紐靴やブーツで行くのはオススメしません。

チェックするポイント

  • 駅からのルート(実際に歩いてみると分かりやすい)
  • コンビニ、スーパー、銀行などの場所
  • 防犯設備
  • 日当たり、窓からの景色や周辺環境
  • 持っている家具が置けるか
  • 収納力
  • BSやインターネットの環境
  • エアコン、照明器具は自分で用意が必要か
  • カーテンのサイズ
  • 自転車やバイク置き場の有無
  • 都市ガスかプロパンガスか又はオール電化か などなど

せっかく実物を目の前にしているので色々質問しましょう。
不動産屋に了承を得て写真を撮っておけば後から思い返す時に便利です。

気に入ったお部屋があったら

当日申込手続きをする場合は今後の流れを不動産屋に確認しましょう。少し考えたい場合はその間部屋を押さえる事が可能か不動産屋へ相談しましょう。ただ漠然と「検討したい」より「○日まで考えたい」と期日を伝えたほうが本気度が伝わるのでオススメです。



ところで、引越しする理由は?

引っ越し

どんな人がどう住むのか、契約前に大家さんや不動産屋から必ず聞かれます。目的によっては契約を断られる場合も。イレギュラーなケースについて、確認ポイントをいくつかご紹介します。

ケース1 未婚男女の同棲

2人で家賃を負担すれば安く広い部屋に住める!という理由でお部屋を探す方もいらっしゃると思いますが、意外と借りれないケースもあるのが現実。

家賃の支払い能力

二人で支払うという契約ができる物件はほとんど無いため、一人が「契約者」となり、もう一方は「同居人」という扱いになります。そのため、実際は2人で半額ずつ家賃を払うとしても、契約上は「契約者」が一人で毎月の家賃を支払える収入が必要となります。

結婚予定があるかどうかも

交際関係が終わり、一人が部屋を出てってしまい家賃が払えない。「同居人」は契約上支払い義務も無い・・・では大家さんも困ってします。結婚を考えた同居であれば、お別れする確率も低いので大家さんの信用度も高くなります。場合によっては、それぞれの親も認めているという確認も兼ねて両親族が連帯保証人になるよう求められるケースも。
結婚予定の無い同棲についてOKが出るかは、大家さんの考え方に左右されます。

ケース2 他人同士のルームシェア

キッチンやお風呂などを共同で使うルームシェア。
普通の賃貸マンションを何人かで借りて住むという契約はなかなか難しいと思われます。住人が減った時の家賃滞納の心配や、誰が契約者になるのか、また生活マナーの徹底など色々と問題があるからです。
最初から「ルームシェアOK」と募集している物件を探しましょう。

シェアハウス

最近はシェア専門の“シェアハウス”も少しずつ増えているので、一つの選択肢としてオススメです。シェアハウスの場合、各入居者が個々に大家さんと契約する為、入居者同士のトラブルが少なく気軽に入居、退去できます。中には“満室で空き待ち”なんて人気物件も・・・

ケース3 契約者と別の人が住む場合

原則「契約者=入居者」ですが、イレギュラーなケースとして

社宅として会社が借り、従業員が住む
学生の部屋を親が借りる

といったような契約はよくあります。
それ以外で、契約者と入居者の関係が不透明であったり親族や雇用関係に無い場合、どういった理由でどういう関係の人に借りてもらうのか、大家さんの了承が得られる理由が必要となります。「知人に借りてもらう」というだけではOKが出ない場合も多いので注意。



お部屋を借りる手順

部屋のかぎ

入居申込書の提出 → 審査 → 契約 → 鍵渡し

気に入ったお部屋が見つかったら「申込」

人気物件のデザイナーズマンションは空きが無くなるのも早いので、いち早くお部屋をおさえたいところです。先ずは入居申込書の記入をお願いします。
※物件によっては手付金が必要になる場合があります。

入居審査・承認

入居申込書が整ったら、管理会社・家主にお客様の内容をお伝えして、ご入居の可否を確認します。審査期間は即日から1週間ほど、物件によって大きくことなります。 お申込み内容によっては保証会社の利用が必要になる場合もあります。

契約準備

貸主の承認が得られたら「契約書類」「初期費用明細」などをお渡しします。契約前には、法律で定められた重要事項の説明も行います。
※契約書類は専用のものをご準備致します
「住民票」「印鑑証明」などの公的書類が必要になりますので、できるだけ早めにご準備いただけると安心です。

書類提出&初期費用振込

押印済の契約書、先にお知らせした必要書類を期限までに提出してください。初期費用の入金もお願いします。
※書類等が期限までに提出できない場合、引越の予定日までに鍵をお渡しできなくなる場合もあります

お部屋の鍵渡し

契約始期(家賃発生日)の前日までに鍵をオーナー様から不動産会社がお預かりします。入居者様にお渡し出来るのは、契約始期の当日または前日の夕方以降になります。ご足労ですが、不動産会社まで取りにお越しください。





□ 空室確認